直線上に配置
近年、流通経路の整備と共に墓石の低価格競争が行われてきました。それに伴い、石質の低下が見られるようになり、低品質な製品が数多く出回るようになりました。ご存知のように墓石は、雨風にさらされ、極めて厳しい条件の中に置かれるものです。場所によっては、潮風にさえも耐えねばなりません。そのような中、やはり弊害が出てきました。安価に出回っている製品の中に、異常なほど外的要因に弱いものがあったのです。

当店では、自社基準を満たさない粗悪な製品を一切排除し、良いものをより安くをモットーに、お客様が安心してお求めいただけるように努力しています。





ohaka1.gif
Q1 お墓はいつ建てると良いですか?

A 仏教では過去、現在、未来で物ごとを考えます。これを合わせて三世(さんぜ )というようです。 そして、一番尊重しなければならないのは、実存する現在だとしています。現在に全力を注ぎ、努力することが生きている者の努めだと説いています。 来世ではなく、今、生きている人を基本にした仏教本来の考えでは、お墓をいつ建てる時期ではなく、供養の気持ちです。 最近では生前に建てる方も多いようです。思いたったが吉日で良いと思います 。

Q2 お墓をローンで建ててもよいのでしょうか?

A 昔は「お墓は現金一括払い」が常識のようでしたが、最近では生前にお墓を建 てる方も多くなり、建墓者の助けになるローンをお使いになる方が増えています。ローンでお墓を買うこと事体、別に悪いことではありません。むしろ、時代に 即した良いシステムではないかと思います。 アメリカでは建墓の7割以上がローンで支払われているそうです。

Q3 好きな形でお墓を建ててもよいのですか?

A お墓の形に関する決まりはありません。お墓は来世の自分の家でもあります。 建てる人の感性や価値観に合った、その人らしいデザインの墓石も良いと思います これまでは、お墓は祖先や故人の霊を慰める供養のためのものでした。ところが、寿陵が増えた今では、人びとは生前に自分自身でお墓を建てます。こうした建墓者は、画一的な従来の和型三段墓よりも、自分らしさを大切にした、オリジナルデザインのお墓を求める傾向にあります。お墓にも個性化の時代が きたということでしょうか。

Q4 最近よく耳にする寿陵(じゅりょう)とは何ですか?

A 生前にお墓を建てることを寿陵と言います。戒名や建立者の文字が朱色のお墓を見かけられたらそれが寿陵です。現在では、場所によって寿陵の占める割合が70%以上の霊園もあるそうです 。今、寿陵が増えているのは、日本が世界一の長寿国になったことにも関係があると思われます。かつての日本人は生きることに精一杯で、自分の死後を考える余裕などなかったわけです。寿陵の増加は、人びとが来世を考えるゆとりを持ち始めたということで、豊かな文化のバロメーターでもあります。

Q5 墓石の善し悪しが分からず建墓に不安があるのですが?

A お墓は一生に一度あるかないかの高価な買い物です。そして、何代にも渡って受け継がれていく大切なものです。ところが普段なじみのない商品ですから、分かりにくい部分が多いんですね。そこで、やたべではお墓の保証書を発行し、安心を確かなカタチでお届けしています。

Q6 黒石でお墓を建てるのはよくないと聞きましたが?

A 仏教の先生によると、仏教ではあらゆる色を尊重しているそうです。基本となる色は五色(赤・青・黄・白・黒)で、この色のどれかひとつが欠けても極楽浄土はできないとされているようです。だとすると「黒い石はお墓に良くない」というのはおかしな話です。一般的には関西は白系統、関東以北は黒系統の石をよく使います。それは関東以北には黒系統の石が産出されなかった、という理由からです。色のタブーは全くありません。お好きな色で良いと思います。

Q7 お墓の価格は何で決まるのですか?

A 石の種類、サイズ、デザインや加工の仕方で決まります。石は天然の物で、生産調整ができません。生産量が少なく需要が多ければ希少価値としてプレミアがつき高くなり、逆に生産量の多い石は比較的安価になります。ですから石質が悪いから安い、良いから高い、とはいちがいには言えません。加工面では、石は重くて硬いものですから、四角に切るのと丸くするのとでもコストは違います。高価なお墓をつくれば良いというものでもありません。ご予算に応じて建てられたら良いと思います。

Q8 お盆に家族それってお墓参りをするのはなぜですか?

A お盆はお墓にいらっしゃるご先祖様をわか家にお迎えし、家族と共に過ごす行事です。ですから、ご家族そろってお墓参りをして、ご先祖様をお迎えするための迎え火を、お墓の灯明からいただいてくるという慣習が昔からあるんですね。お盆の初日にはぜひ一家そろってお墓参りをして、お墓の精霊を心よりお迎えしましょう。お墓は家族の和をつくり、仲良く暮らすためにも大切なものなんですね。

Q9 お彼岸には、どんな意味があるのですか?

A この世の「此岸」に対して、あの世を「彼岸」と言います。お彼岸はこの世にいる家族がお墓に手を合わせ、あの世の近親者に心を通わせる大切な行事です。よく「厚さ寒さも彼岸まで」と言います。これは、農耕生活にとっ重要な季節の変わり目に「此岸・彼岸」を重ねあわせ、暮らしと同時に心のターニング・ポイントとして、生きる原点を見直したのです。お彼岸は、農耕民族であり、四季のはっきりした国に住み、厚い仏教信仰と先祖を尊ぶ日本人の知恵が生んだ行事なのです。
                                             =UP=

ohaka2.gif
■縄文時代のお墓
 
遺骸をそのまま土の中に埋葬することは、今日でもごく一部の地方に見られますが、この時代も、土坑墓とよばれる葬法が最も多く、埋葬の姿勢によって屈葬と伸展葬に分けられます。この他にも、甕に納めて埋葬する甕棺墓とよばれるものがあります。
手足を折りまげる屈葬の中には、石を抱いたものがあります。これは甕棺墓についてもいえますが、死者の霊を封じこめて、生きている人間に害を及ぼさぬようにするためと考えられています。
 精霊・霊魂などの霊的存在や、自然物・自然現象を畏敬し礼拝する信仰形態は古くからありますが、これらの葬法が、初めから畏敬と礼拝に結びついたわけではありません。死者は、むしろ恐ろしいものとして忌避されていました。


■弥生時代のお墓
 弥生時代に始まる稲作は、前代の原始的信仰を大きく変えることになります。それは定着して農耕を営むことで、穀霊信仰が生まれたことです。収穫への願いと感謝は、さまざまな儀礼を生じますが、同時に再生の知識をも芽生えさせることになるのです。
この時代も甕棺墓が主流ですが、中には木棺に納められたものがあります。お墓の中に銅鏡・銅剣・玉類などの副葬品が入っているのが見られますが、これは死者の霊に対する恐怖心がいくらかやわらいでいることを示しています。
 また、朝鮮半島から伝来したものに支石墓があります。簡単に説明すると、大きな一枚の岩をお墓の上にのせるもので、遺骸を土の中に直接納める場合と、石棺あるいは甕棺にする場合とがあります。
 この時代の特徴とすべきものとしては、方形周溝墓とよばれる墳墓があります。これは周囲に方形あるいは円形の溝をめぐらしたもので、後に出現する前方後円墳につながるものと考えられます。


■古墳時代のお墓
 古墳時代のお墓とその名が示すように、この時代の代表的なお墓は、大阪の堺市にある仁徳天皇陵のような前方後円墳です。こうした巨大な墳墓が造られたのも、生産力が向上して統一国家ができたことによります。
 墳墓というのは、土を高く盛り上げて造った頂上付近に死者を葬るものですが、その形から前方後円墳・前方後方墳・円墳・方墳・中方双方墳・上円下方墳に分類されています。この他にも埼玉県吉見百穴にある横穴古墳のような、山腹にたくさんの横穴を掘った共同墓地と考えられる変ったものもあります。
 これらの古墳からは、銅鏡・銅剣・玉類の他に、鉄製の太刀や甲冑などの武具、食器その他の日用品が多く発見されています。これは死者の霊を恐れている段階から、はっきりとした再生の意識、あるいは来世の信仰があったことを意味していると思われます。


■中世のお墓
 大化の改新で、墳墓の造営を戒めた「薄葬令」とよばれる詔勅が出されますが、この中には墓の規模、葬儀のあり方などが細かく記されており、ある意味ではお墓の本当の歴史が、この詔勅によって開始されたともいえます。
 また、この時代の特徴として火葬があります。火葬は縄文時代にもあったとされますが、仏教が、火葬の風習を伴って、インドから中国を経て日本に伝わり一般化します。
 文武4年(700)に遺言によって僧道昭が火葬にされてから、主として上層階級に広がり、以後次第に庶民にも広がってゆくことになります。火葬することで、お骨を現在のように骨蔵器に納めて埋葬するのが見られますが、その種類も金属や土器、石や木などがあります。
 しかし、庶民にあっては土葬が主で、中には曝葬とか棄葬といった、遺骸を河原とか野山に放置することもあったようです。


■近世のお墓
 貴族の中に溶け込んでいた仏教は、やがて庶民の中に浸透してゆきます。もともと仏教は現世の福徳を祈るものでしたが、在来の神々信仰と混合してゆくことで、葬送儀礼と結びつくことになります。やがて村々の墓に寺が建てられたり、寺に境内墓地がつくられることで、庶民が仏教の信仰を深め、江戸時代に入って檀家制度として確立するわけです。
 土葬の場合は、遺骸を木棺や桶に入れて埋葬しますが、庶民は盛り土をし、目印しとして木や石を置く程度でした。武士階級では、板塔婆とか石塔婆とかの墓標が全盛となります。はっきりとした墓標が建てられたという意味では、お墓の原型がこの時代にできたといえます。


■近代・現代のお墓
 明治維新によって、檀家制度は法律の上での根拠を失いますが、人々と寺の結びつきは強く、仏葬も減少することなく今日に至っております。
 この時代の特徴としてあげられることは、近代的な公園墓地が出現したことです。それは都市に人口が集中することで、今日と同じような土地不足を生じたからです。明治7年につくられた、青山・谷中・雑司が谷・染井等の公営墓地が一杯になると、大正12年には多磨墓地がつくられました。それとともに土葬から火葬へと移行することになります。
さらに昭和10年に八柱霊園、昭和23年に小平霊園がつくられます。昭和46年には八王子霊園がつくられました。いずれの霊園も広大な敷地をもち、自然との調和を計りつつ整然と区画された公園墓地です。
 しかし、従来からある寺院墓地と公営墓地だけで、墓地需要を解消することはできず、民営によって管理・運営される霊園が、次第に増加して近接県にまで拡大しているのが現状です。
 また10年程前から、生前建墓される方も増えています。墓所形態も屋外における平面墓地から、屋内墓所、霊廟、納骨堂といった新しい形態も墓所として定着してきています。
                                            =UP=

■いろいろな墓石の形
 古くからある五輪塔、宝篋印塔、多宝塔、無縫塔といったものから、一般的な和型墓や洋型墓、故人の趣味を表現した趣味墓や自然石を使った墓、また近年はニューデザイン墓やオリジナルデザイン墓などがあり、墓石の形には様々なタイプがあります。どんな形のお墓にするかは建墓者の自由ですが、霊園によっては大きさや形が指定されていることもあります。
 一般的には和型墓と洋型墓に分けられます。和型墓というのは最もポピュラーな形で、台石は二段、上から竿石、上台石、中台石、芝石で構成されています。この変型として、竿石の上に屋根がついたり、竿石の下に蓮華台が付いた高級な墓石もあります。洋型墓は、公園霊園や芝生墓地ができたことで、最近多く見られる横型のお墓です。和型墓に比べると高さは低いのですが、安定感があります。また近年は和型墓と洋型墓を折衷した型のものも見られます。
 生前にお墓を建てる人が多くなって、お墓の形も多様化していますが、あまり特異なお墓は、後で倒れたりといったことも考えられます。また、自分が入るのだからといっても、継承される子孫のことを無視することはできません。
 和型、洋型だけでなく、お墓の形を考えることは当然ですが、やはりバランスがよく、落ち着いた美しく見える墓を建てたいものです。
                                            =UP=

■墓石に刻む文字
 古くは経文や梵字だけでしたが、武士階級が戒名や法名を刻むようになると、それが庶民にも一般化し、やがて本名を刻むようになります。明治時代に入って○○家之墓、○○家代々之墓と刻まれるようになってからは、これが普通となり、現在はほとんどが家名や本名を刻むようになってきました。
 今日、墓石に刻む文字にとくに決まったものはありません。家名や経文、梵字を刻む場合もあります。一般的に洋型墓は和型墓に比べて自由な様式が多く、文章や詩、また静、愛、夢、眠、やすらぎ等といった文字を刻むことが多いようです。
墓石に刻む書体にも特に決まった書体はありません。楷書体、行書体、草書体、隷書体、ゴシック体などがありますが、略字体は好ましくないという人もいます。いずれにしても永久に残るものですから、よく検討することが大切です。
 霊園などで時々見かけますが、竿石の上部に家紋を入れている墓がありますが、これは本来のお墓のあり方からすれば間違いです。石塔には仏を招来するということで、ここには仏を表わす梵字などを入れ、そして、その仏を拝み、得た功徳をお祀りする先祖へ供えるという意味があるのです。ですから家紋を入れる場所としては、竿石以外の水鉢などが適当といえます。
 石に文字を彫ってしまうと、訂正は不可能なだけに慎重に考える必要があります。
                                            =UP=

■墓石に用いる石の種類
 墓石に用いる石については、どの石を使っても問題はないわけですが、屋外で強い陽差しや風雨の中に建てることになりますから、この意味から耐候性を第一に考え、風化に強く、錆びたり変色したりしない石が、先祖代々お祀りしていくお墓には最適です。
 墓石に使われている石の大半は、花崗岩で一般には御影石と呼ばれている石です。この他にも斑れい岩、閃縁岩、安山岩なども使われていますが、これらの石はいずれも硬質で風化に強く、磨くと光沢がでるのが共通した性質です。また、これらの石は全国的にも産出量が多く、色も白色、淡青色、淡紅色、淡黒色、黒色などがあります。産地別にみると、国内でも300種ほどあるといわれていますが、近年は枯渇傾向にあったり、海外からの輸入石材におされて、採掘を中止したりしているところもあります。
 そこで輸入石材ですが、昭和40年前後より輸入されるようになると、ぐんぐんと実績を伸ばし、現在では墓石関係に使われている石の8割以上をまかなうまでになってきています。
輸入石材で人気の高いのが、インド、アフリカ、スウェーデンなどから入る黒色の石で、この他、中国、韓国、ポルトガル、アメリカ、ウルグァイなど、世界各国からそれぞれ特徴をもった各種の石が輸入されています。
                                            =UP=
トップページへ